agaは何故発生するのか? どのような育毛剤で対策すべきなのか?

agaの対策はこうすればいい! おすすめの育毛剤も紹介

すべての男性にとっての悩みの種であるAGA
現代において薄毛というのは中年男性特有の症状ではなく、若い男性や女性にも発生しつつあります。薄毛に悩まされ、育毛剤を手に取って頭髪をよみがえらせようとするのは男女問わず共通していますが、男性特有の薄毛としてAGAがあります。多くの男性はAGAの発症リスクをかかえているため、ハゲることを嫌う男性にとっては天敵といえる存在となっています。では、そんなAGAとはどのようなものなのか? もしAGAになったらどうしたらいいのか? ここではそれらについて解説したいと思います。

 

AGAは何故発生するのか?
そもそも、AGAとは具体的にどのような薄毛なのか? AGAの原因となるのは、活性型男性ホルモンの【ジヒドロテストステロン】です。これが毛周期を狂わせ、髪の毛を作り出す毛母細胞を弱体化させることで、AGAは進行していくのです。AGAは一度発症するとみるみる内に進行し、気が付けば側頭部以外の髪の毛がすべて抜け落ちてしまっていた……となりかねません。AGAも薄毛である以上は育毛剤を使って抑制したいところですが、世間に出回っている育毛剤にはさまざまな種類のものがあります。当然、育毛剤に手を出したことがない人はどの育毛剤から手を出せばいいかわからないはずです。しかし、こんな時の優先事項は【ジヒドロテストステロンの発生を抑制する】ことです。AGAの原因はジヒドロテストステロンなのだから、それを抑制する育毛剤こそ、AGAに有効な育毛剤といえるのです。
では、ジヒドロテストステロンを抑えるにはどうすればいいのか? それは【5αリダクターゼの還元作用を抑える】ことです。本来、男性ホルモンの主成分である「テストステロン」は、5αリダクターゼの還元作用によって、AGAの原因であるジヒドロテストステロンへ変貌します。そのため、【5αリダクターゼの働きを抑制することは、結果としてAGAの原因となるジヒドロテストステロンの発生を防ぐ】ことにもなるのです。育毛剤を選ぶ際は様々な有効成分に目がいきがちですが、AGAを改善する場合は、「5αリダクターゼの発生の抑制、あるいはジヒドロテストステロンの抑制」を育毛剤選びの最優先事項にしてください。この2つの成分の働きさえ抑制できたなら、AGAを改善することは可能なのです。

 

AGA改善には、この育毛剤を!
AGAがどうして発生するのかは上記の文章で理解していただけたと思います。しかし新たに【具体的にどんな育毛剤ならAGAを防ぐことができるの?】と疑問が出てきたことでしょう。その答えは「チャップアップを使えばいい」のです。チャップアップはよく「おすすめの育毛剤」としても取り上げられる程、有名な育毛剤です。チャップアップは頭皮環境の改善、血行の促進、毛根への栄養補給といった効果に加えて、「オウゴンエキス、チョウジエキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキスといった4つの植物性天然素材(いずれも育毛においては有効な成分であり、なおかつ副作用なし)を配合している」うえ、極めつけは【AGAの原因となる5αリダクターゼの働きを抑え、ジヒドロテストステロンの発生を徹底的に抑え込んでくれる】のです。他にも育毛するにあたっておすすめとされる育毛剤は存在しますが、「AGAを改善する」場合においては、チャップアップ以上におすすめできる育毛剤はないと言ってもいいかもしれません。

 

agaの対策はこうすればいい! おすすめの育毛剤も紹介

 

M字訴求

↑詳細は今すぐクリック!

 

 

実はもう1つ、AGA改善のための育毛剤があった
チャップアップがAGA改善におすすめできる育毛剤であることはわかりました。しかし、世間では「プロペシア」という服用するタイプの育毛剤の方が有名かもしれません。この育毛剤はチャップアップと同じように【5αリダクターゼの働きを抑制し、AGAの元凶となるジヒドロテストステロンの発生を抑える】作用があるため、AGAの治療法として医療機関などで処方されてきました。しかしプロペシアは他の育毛剤に比べて強力である代わりに、性欲減退、肝機能障害、男性機能障害といった副作用が発生するリスクを抱えています。このため、プロペシアをいきなりAGA対策の育毛剤として使用はせず、最初は「副作用が出ない、AGAに効く育毛剤」であるチャップアップから使用を開始するようにしてください

 

チャップアップ

↑詳細は今すぐクリック!